ads by laffblo

ads by laffblo
フォトアルバム
Powered by Six Apart

2014年3月26日 (水)

【重要なお知らせ】ラフブロサービス終了について

ラフブロは、2014年3月31日(月)をもちまして終了となりました。
よしもとタレントブログはYahoo!ブログ(http://blogs.yahoo.co.jp/)に移行しております。
引き続き、宜しくお願い致します。

2013年1月18日 (金)

I still love U


周太の家に泊まってるけど、周太が寝ちゃって寂しい。

自分の奥底にあるヘドロみたいな想いを聞いて欲しかったなう。

P.S

Twitterではこんなこと呟けないよね。

iPhoneから送信(そういえばiPhoneになりました)

2012年11月24日 (土)

マカロニ


11月も終わりに近づき、冬がすぐそこにまで迫って来ているのを感じる。

12月に入ればあっという間に街はクリスマスムード一色になり『いや、まだだろ!』なんて思っていると本当にすぐにクリスマスは訪れて、それが終わればもう今年も終わりなのだ。

そして本格的な冬がやってくる。

冬が来る前に、わざわざ僕のブログを見に来てくれる人だけには、ある告白をしたい。

大変言いづらいことなので、覚悟がない方はここでブラウザバックしてほしい。


大丈夫という方のみ、これから先を読み進めていただきたい。


僕、実は


今年の冬から毛糸のパンツデビューをしようと思っている。

しかもただの毛糸のパンツではない。

ハラパンと呼ばれている、腹巻きと毛糸のパンツが合体してるやつだ。

先程ネットで調べたら、若い女性の間で大人気とのことである。

とても恥ずかしい。

『髭×毛糸のパンツ=変態』という公式も成立する気がする。

でも僕は超寒がりで、お腹も寒さにすごく弱いのだ。

なにかでバレるより、先に宣言しておいた方がいい。攻撃は最大の防御だ。

皆さん、私はひとつ大人の階段を登ります。

そんな僕をひとつ温かく見守っていただきたい。
毛糸のパンツのように。

2012年11月 1日 (木)

Puppet


プチ憧れ。

僕には本当に些細な憧れがある。

それが『iPhoneからの投稿』だ。

皆さんも一度は目にしたことがあると思う。
芸能人とかのブログの最後に書いてあるアレだ。

あの『iPhoneからの投稿』を見ただけで、何故だかモヤモヤした気持ちになるのだ。

そのモヤモヤの原因はいまだに解らない。
原因を考えてみても、掴みかけたと思ったところで掌からスルッと逃げて行ってしまうのだ。

iPhoneではないという劣等感からなのか。
はたまた、華やかな世界を伝えてくれる芸能人のキラキラしたブログの内容の締めの一言が、その無機質な一行だからなのか。

いまだに明確な原因は見つからない。

そんなことを考えながら、全くキラキラしていない内容のブログを安酒を傾けながら更新するのです。


iPhoneからの投稿

2012年10月27日 (土)

ルナルナ


久々にブログを書いたもんだから、自分の中のルールすら忘れていた。

ブログのタイトルを、その時ハマっている曲とか、その時流れてる曲にするっていうやつ。

でも忘れて良かったかもしれない。

そのルールに乗っ取って書いていたら、前回のブログのタイトルは『ただ泣きたくなるの』だったから。

30歳のオッサンが、夜中にアップする記事のタイトルとしては怖すぎる。
僕だったら怖くて開けないかもしれない。

それでいうと、今回のタイトルは『ルナルナ』だ。
『この髭のオッサン、女性のためのヘルスケアサポートの話をするつもり!?』
という恐怖に打ち勝って来てくれた人もいるかもしれない。

でも安心してほしい。

スピッツのルナルナのことだから。

逆に、女性のためのヘルスケアサポート(言いたいだけ)の話を期待した人がいるのであれば申し訳ないです。

それでは携帯の充電が5%を切ったのでこの辺で。

2012年10月25日 (木)


超久々にブログ更新。

どういう心境の変化?って思われるかもなんで、一応書いとくと、Facebookは幸せ自慢対決みたいな状態(別に嫌味じゃない)だし、Twitterは読ませてる感がなんとなく気になってしまう。

それに比べてブログは見たい人が勝手に見るっていうスタンス。

結局自分に合ってるのはブログの気がする。っていうのが結論です。

もちろん自分のブログだからなに書いてもいいよね?
例えば、

いまこれを書きながら流れてる曲は、中山美穂の
『ただ泣きたくなるの』

いま単純に思ってることは
『明日早いから早く寝なきゃー』

最近一番真剣に考えたこと。
『痛風になってビール飲めなくなったら俺の人生地獄じゃん』


薄い。どう考えても薄い。


でもブログですから。嘘じゃないし。

それでも嫌じゃない人はたまに覗いてみてくださいな。
不定期更新。

したらば。

2012年3月 8日 (木)

単独ライブ公演延期のお知らせ


【3月11日パンサー単独ライブ「2012年、冬」 に関する公演延期のお知らせ】
平素はパンサー並びにルミネtheよしもとをご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。
この度、パンサーの向井慧がインフルエンザを発症したため
3月11日に公演を予定しておりました、
パンサー単独ライブ「2012年、冬」は4/15(日)に日程を延期することとなりました。
詳細に関しましては、本来予定しておりました時間帯・料金・会場と全く同じで、日程のみの変更となります。

日程:3/11(日)
時間:18:30開場/19:00開演(約2時間公演)
会場:ルミネtheよしもと

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

日程:4/15(日)
時間:18:30開場/19:00開演(約2時間公演)
会場:ルミネtheよしもと

この公演をお楽しみにされていた方々へは
我々パンサー並びにスタッフ共々、心苦しい限りでございますが
何卒御理解のほど、お願い申し上げます。
向井慧の体調にお気遣い頂いた皆様にも、度重なるご心配をおかけしまして、
重ね重ね、お詫び申し上げます。
お客さま方には非常にご迷惑をおかけする結果となりましたが、
今後とも、パンサーへの変わらぬご声援を何卒宜しくお願い申し上げます。

チケットをお持ちのお客様への払い戻しに関しましては、
ルミネtheよしもとのHPをご参照ください。

http://www.yoshimoto.co.jp/lumine/

本当に申し訳ありません。

2012年1月12日 (木)

MirrorDance


『明日会えるね』
この表現より、
『明日逢えるね』
と表現したほうがより会いたい感が増す。
『あえるね』の最上級は『逢えるね』かと僕は思い込んでいたというか、疑ってすらいなかったのだけれども、その上を見つけてしまったかもしれない。

それは『明日和えるね』だ。

そう、料理によく使われる『和える』だ。

急に何を言いだすのかと思われているのはわかっている。
だけどほんの少しだけお付き合いいただきたい。

『和える』って言葉にはなんか出会った感あるじゃない?
一つに纏まる感じ。

漢字の意味も素晴らしい。
『和』には争いごとがなく穏やかにまとまる、性質の違うものが一緒に溶け合う、ゆったりとして角が立たないなどの意味もあるらしい。
最高じゃないか。
そして『和える』という響きは僕だけかもしれないが、少しだけエロさも感じさせる。
ニュアンスだけど半濁点が似合う感じ。

おわかりいただけただろうか。『和える』の素晴らしさ。

現在、遠距離恋愛中だという方がもしいらっしゃったら、是非前日の恋人に送るメールにでも『和えるね』を使ってみては如何だろうか?

『は?』

とか返ってくると思うけど。

そんなことはどうでもいいんだ。今日は皆さんに伝えたいことがあるんだ。
『おおぎりくん』
【日時】2月3日(金) 21:30-22:30
【出演】グランジ五明、パンサー菅、囲碁将棋 文田、シソンヌじろう/MC:シソンヌ長谷川
【会場】神保町花月
【チケット】前売1000円/当日券1200円
【Pコード】597-724 チケット発売中です。置きチケもできるから皆さん来たかったら是非コメントに名前と枚数書いておくれやす。

あ、それと皆さん明けましておめでとうございます。

2011年2月26日 (土)

ベイビーベイビー

ベイビーベイビー

新幹線や飛行機に乗るとき、座席に置いてあるちょっとした旅行雑誌みたいのが好きで必ず見てしまう。

新幹線でその冊子を読んでいたとき、『EKIBENギャラリー』というコーナーがあって、『特選浜街道かにめし弁当』という駅弁がコラム風に特集されていた。
かに飯。写真で見る限り随分と豪華だ。

そのかにめし弁当を紹介する文章がとても素晴らしい。

まず1行目が

『カニだ。カニだ。一面、カニだ。』

非常にカニが主役ということがわかりやすい。
しかも声に出して言いたくなる、三三七拍子のリズム。
実際これを読んだ瞬間に、僕は頭の中でこの1行をよく知らない応援団に連呼され、カニという言葉がゲシュタルト崩壊を起こすまでにそう時間は掛からなかった。
本文に戻ろう。

『紅ズワイガニのフレークと細かく刻まれたタケノコがごま油で中華風に炒められ、香ばしい上にシャキシャキ感がプラス。上質なじゅうたんのようにお重の隅々まで敷き詰められていた。』

とても美味しそうにわかりやすく表現されている。
僕が食べて感想書いてみろと言われてもきっと
「なんかカニの細かいの超いっぱい」
とかしか書けないことでしょう。


と、ここまではよかったのです。
その後の1行に僕は衝撃を受けたのです。
その1行とは

『下に白いご飯があろうことなど想像もできない』

いや、それはできるよ!
かにめしって言うてはるし!
むしろお重パンパンにカニのフレーク詰まってるほうが完全に想像上回るよ!
いかめし頼んだらイカの中にイカ入ってる級の衝撃だよ!
途中1回大阪弁混ざったよ!
3月30日、神保町花月でやる『おおぎりくん』というライブ、置きチケ出来るから来てほしいよ!

僕はそう叫び出しそうになるのをぐっと堪え、肘掛けを完全に独占している隣の知らないおじいちゃんの寝顔を見つめた。

2011年2月11日 (金)

雨音子


雪化粧。

ものすごく素敵な日本語じゃないですか?

雨クレンジング。

僕が今考えたやつ。

ダメダメね。

パーティーがイオンすぎる件www

パワー☆プリンDVD発売

パワープリンアイテム登場!